海水魚 飼育のろ過システム マリンアクアリウム情報サイト 海水魚飼育.com

海水魚 飼育のろ過システム

   

海水魚飼育.com

海水魚 飼育のろ過システム

海水魚飼育.com>>海水魚飼育のろ過システム

オーバーフロー水槽

海水魚飼育に限らず水槽内で生態を飼育するときには必ずろ過フィルターなどを設置し水質維持に努めなければなりません。

自然の海であれば広大な環境の中で水を浄化するサイクルが活発に働き海水魚の住み良い環境を作り出していますが水槽内ではあまりにも隔離された小さなスペースのため水が汚れるスピードに自然の浄化作用が追いつかないのが現状です。


よって水の浄化作用を助けるためにもろ過システムが必要になってくるのです。一言にろ過システムと言っても多種多様でさまざまや飼育スタイルにあわせて開発されています。ここではろ過システムの中でも有名な数通りのろ過フィルターをご紹介いたします。

上部フィルタのメリット・デメリット

上部フィルター

まずは一番メジャーなフィルターが上部フィルターですがこれは海水魚飼育を始める際ほとんどの人がまずはじめに使用するフィルタで安値な上、ろ過能力にも優れていてさらに掃除などのメンテナンスなどが簡単とメリットがたくさんあります。

デメリットとしては吸い込み口から吸い込んだ水をフィルタ内を通して水槽内に落とし込む為、寝室などに設置した水槽では水が落ちる際のゴボゴボという音が多少耳障りになることもあります。

底面フィルタのメリット・デメリット

底面フィルター

底面フィルターとは水槽の底面全体にある砂利を利用して濾過するもので価格的には一番お手ごろですが作動に必要なエアーポンプを用意しなければなりません。

濾過能力は高めですが作動音がうるさく(最近作動音の静かなものが販売されるようになりました。)メンテナンスが他のフィルタに比べて手間がかかるのがデメリットです。しかしながら価格に対するろ過能力には一目置かれるところがあります。

外部フィルタのメリット・デメリット

外部フィルター

外部フィルタとは水槽外にタンクを用意して水を循環させそのタンクの中にろ材をセットし水をろ過していく仕組みのものです。

このタイプのろ過装置はエアレーションを起こさないため非常に静かな上、二酸化炭素が逃げにくく水草育成には最適なろ過フィルタですが海水魚飼育にあたってはエアレーションをおこなうなどして別に酸素供給を考えてあげる必要があります。

外部フィルタのデメリットは金額が他のフィルタに比べ高めなことと水槽以外にフィルタを設置するスペースを確保しなければなりません。この手のタイプは水槽水面よりも低い位置に設置する為水槽台などの下のスペースを確保する必要があります。

オーバーフローシステム

オーバーフロー水槽

本格的な水槽に一番多用されるのがこのオーバーフローシステムで水槽中にオーバーフローパイプという太いパイプを通し、一定の水位を超えると水槽の水はそのパイプに落ち込む仕組みになっています。

落ち込んだ水は水槽直下のろ過槽に流れ込みろ過されて再度水槽に戻る仕組みとなっています。オーバーフローシステムのメリットは水槽下に大きなろ過システムを設置できるためろ過能力に優れ、さらに水槽以上の水量を維持できるため水質が安定しやすいことがあげられます。

デメリットとしては設置が他のろ過システムに比べ大掛かりなため初期投資がかかることでしょう。ただ、しっかりとした水質を維持し海水魚を長期的に育てていくにはこのシステムが一番お勧めです。

その裏付けとして海水魚販売ショップや海水魚飼育上級者の方の水槽を見せていただくとほとんどの方がこのオーバーフローシステムを導入していることに気が付くはずです。

外掛け式ろ過フィルター

外掛け式

一番お手頃で扱いやすく小型のろ過システムにしては意外と効果的なろ過システムです。各種小型水槽などのろ過フィルターとしてセット販売されていることも多く初心者の方には一番親しみやすいフィルターです。メリットはセットのしやすさと価格ですが生物ろ過が不足気味になってしまう欠点もあります。

前の記事>>海水魚 餌の種類と与え方
次の記事>>ライブロックとは


関連記事

  • ライブロックとは

    ライブロックとはハードコーラル(骨格がある珊瑚)の死骸でバクテリアや微生物が住み着いて生物の住処となっている>>続きを読む


  • プロテインスキマーとは

    プロテインスキマーとは簡単にいうとプロテインスキマー内に微細な泡を作り出し水槽内に不要なタンパク質などを取り>>続きを読む


  • 殺菌灯の種類と効果

    殺菌灯の説明の前に少々小難しい話になってしまいますが光にはx線、紫外線、可視光線、赤外線などがありその光にはそ>>続きを読む


  • ベルリン式とモナコ式とは

    ベルリン式濾過とはナチュラルシステム(自然のろ過サイクルを水槽内で再現する方法)の一つとされており、ろ過槽を>>続きを読む


  • 水質維持とろ過の重要性

    海水魚が生息するサンゴ礁豊かな遠浅の海に比べたらいくら大きな水槽を用意しても隔離された小さな空間でしかありま>>続きを読む


  • 水質測定テスターの重要性

    海水魚飼育の必需品とも言うべき設備(道具)の一つが水質測定テスターです。水質というものは見た目では判断できな>>続きを読む


    PR 熱帯魚 | 水草 | 金魚 | メダカ | カメ |

  • PR


    海水魚 飼育入門

  • 海水魚とは
  • 海水魚に最適な海水とは
  • 海水魚を飼育するには
  • 水槽サイズと設置時の注意事項
  • 水槽の水温管理とヒーターの選び方
  • 海水魚を水槽に入れる時の注意点
  • 海水魚 水槽の日常管理
  • 海水魚 餌の種類と与え方
  • 海水魚の病気と治療

  • 海水魚の白点病対策と治療
  • 白点病治療の準備と実践
  • 海水魚のリムフォシスティス病
  • 海水魚のウーディニウム病
  • 海水魚のトリコディナ病
  • 海水魚のビブリオ病
  • 症状から見る海水魚の病気
  • 海水魚の飼い方

  • チョウチョウウオの仲間の育て方
  • クマノミの仲間の育て方
  • スズメダイの仲間の育て方
  • ベラの仲間の育て方
  • ハタの仲間の育て方
  • ハゼの仲間の育て方
  • 無脊椎生物と珊瑚

  • サンゴとはどんな生き物
  • ハードコーラルの飼い方
  • ソフトコーラルの飼い方
  • サンゴ飼育には強い光が効果的
  • エビ・カニ・ヤドカリの飼い方
  • 海藻の育て方
  • 小型水槽におすすめのサンゴ
  • 海水魚 飼育の疑問

  • 水槽に発生するコケを抑えるには
  • イソギンチャクレイアウトの注意点
  • ハタタテハゼの飼育方法は?
  • 生態の健康と水の循環の関係
  • 部分換水の効果と方法は?
  • サンゴが腐ってしまいました
  • カクレクマノミとイソギンチャク
  • ハタタテダイの育て方
  • 混泳できない海水魚は?
  • インバーティブレートアクアリウム
  • >>海水魚の疑問 もっと調べる

  • よく読まれている記事

  • プロテインスキマーとは

    プロテインスキマーとは簡単にいうとプロテインスキマー内に微細な泡を作り出し水槽内に不要なタンパク質などを取り>>続きを読む


  • 海水魚の白点病対策と治療

    海水魚は淡水魚に比べ病気にかかってからでは治療が難しく、また治癒する確率も淡水魚に比べると非常に低くなりま>>続きを読む


  • 水槽に発生するコケを抑えるには?

    海水魚飼育において水槽セット後にまず発生するコケが茶色い珪藻と呼ばれるコケでその他にも緑色のコケや藍藻と呼ば>>続きを読む


  • 海水魚水槽の水温管理

    マリンアクアリウムにおいて水槽内の水温の安定は非常に大切な管理項目の一つになります。ヒーターの故障やセンサー>>続きを読む


  • ハタタテハゼの飼育方法は?

    ハタタテハゼは名前の通り旗を立てたような長い背びれが特徴の遊泳性ハゼの一種で体の後ろにいくにつれて黄色から赤>>続きを読む


  • 海水魚に最適な海水とは

    マリンアクアリウムにおいて使用される海水には大きく分けて人工海水と天然海水があり、人工海水とは販売メーカーが>>続きを読む