水質維持とろ過の重要性 マリンアクアリウム情報サイト 海水魚飼育.com

水質維持とろ過の重要性

   

海水魚飼育.com

水質維持とろ過の重要性

海水魚飼育.com>>水質維持とろ過の重要性

広大な海と水槽の違い

海水魚海水魚が生息するサンゴ礁豊かな遠浅の海に比べたらいくら大きな水槽を用意しても隔離された小さな空間でしかありません。その水槽の中で海水魚は餌を食べ排泄をおこないます。わずかな水量でしかも水温は26℃、27℃、そんな水槽の中では1昼夜も経つと排泄物は腐敗して有毒なアンモニアに変化してしまいます。


さらに餌の過剰投与や死んだ海水魚の排除忘れなどがあったりしたらそれこそ、水槽の水質は危険な状態になってしまいます。

そんなリスクと隣り合わせの海水魚水槽の水質を維持するために欠かせないろ過バクテリアの働きのメカニズムとろ過サイクルの仕組みをご説明いたします。水が汚れる理由は海水魚の糞や餌の食べかすなどが原因で、これらの有機物が時間の経過とともにアンモニアに変化します。アンモニアは非常に毒性が強く海水魚には大敵です。このアンモニアはニトロソモナスというろ過バクテリアによって亜硝酸に変化します。

亜硝酸はアンモニアに比べれば弱いですがそれでも毒性はあり海水魚には好ましくありません。亜硝酸は次なるろ過バクテリアのニトロバクターによって硝酸に変化します。

このように水槽内の有機物はバクテリアによって無害な物質に変化していくのです。これが海水魚飼育でよく言われる海水魚飼育は水作りやバクテリア飼育などと言われる理由です。

ろ過フィルターの重要性

フィルターを設置する理由ですが先にも述べたような理由で水槽内の水質は変化していきます。このサイクルを正常に機能させる為にろ過装置を設置するのです。ろ過の仕組みには大きく分けて3つがあります。

まずは物理的ろ過で物理的ろ過とはウールマットなどを使用し目に見える大きなゴミを取り除くことです。物理的ろ過の効果が大きいと食べかすや海水魚の糞などがアンモニアに変化する前に取り除くことができ、アンモニアの量を減らすことができます。

次は生物ろ過ですがこれは先に述べたバクテリアの働きを活発にさせるものでフィルター内にバクテリアが住みやすいろ材を入れておくことでバクテリアがたくさん繁殖できその結果ろ過能力が高まるという仕組みです。

最後は科学的ろ過で主に活性炭やゼオライトなどを使用し水中の不純物を吸着させることで行うろ過です。これは生物ろ過と併用したり水槽セット時のバクテリアの数が少ないときなどに効果を発揮します。

キラキラした水を保つ

水アクアリウムでは水槽の水を良い状態に保ちましょう、状態の良い水質、キラキラした水などと表現されることがありますがビギナーの方には少々抽象的でわかりにくい表現かもしれません。

経験豊富なベテランアクアリストともなると水槽を見ただけで良好な水質とか状態の良い水槽などがわかりますがアクアリウム初心者の方には無理な話でしょう。

まずは水質検査で問題のない数値であることを確認し、その上で水の状態がどのような感じなのかを感覚で学んでいくしかないでしょう。

水質検査用品をamazonで購入
水質検査用品を楽天で購入


感覚的な話になると文章に表現しづらい面もありますので上手く伝わるかわかりませんが、まずは海水の透明感が重要で水槽を立ち上げて数日後に濁りがとれて透き通った状態になっていればその透明感を維持できるようにしましょう。

逆に水槽を立ち上げて数週間しても一向に濁りが治らない場合は水槽システムのどこかに問題があると思ってもらっていいでしょう。

透明感の他に海水の色も水質の判断材料になります。水槽の中ではなかなか判断し難い時もありますが水換えの際に白いバケツや洗面器などに水槽の水を入れてみて水が黄色く色づいていたら水が劣化している証拠です。

特に海水魚の多い水槽や長期間水換えをしていない水槽などではかなり黄色くなることがあります。逆に人工海水を溶かしたばかりの水はそのような黄ばみは無く、若干青白い感じに見えますのでできるだけそのような色合いで保てるように心がけましょう。

この他にも水面の泡切れ具合やコケの発生具合も水質のバロメーターとなり、いつまでも水面に泡が浮いているような場合は水の状態が良くないことが多いのです。

コケが大量発生する場合も水質が悪化している懸念がありますがコケの種類や生え方によっては水質悪化だけが原因とも言い切れませんのであくまでも判断材料の一つと考えておいてください。

水質検査用品をamazonで購入
水質検査用品を楽天で購入


ここまでは水の状態にて判断する方法をご紹介しましたがなんと言っても水質が良好であるかどうかを判断する最も大切な事は水槽内の海水魚やサンゴが健康な状態を保てているかどうかです。

水質の数値だけを気にし過ぎて生態の状態をよく見ていないのでは本末顛倒な話になってしまいます。

アンモニアや亜硝酸が危険レベルで検出されるような状態では話になりませんがpHやkHが理想値よりも若干ずれていても水槽内の海水魚やエビ、サンゴなどが状態良くイキイキとしているのであればそれがその水槽の一番良い状態の水質と言えるでしょう。

水質検査はとても大切な事ですがそれは一つの目安として水槽内の生態の状態を毎日じっくりと観察し、総合的に水槽の状態を判断できるようにしていきましょう。

通販ショップ charmさんでこんな特集記事がありました

  • 海洋深層水特集
  • 海水用添加剤・吸着剤大百科
  • 3つの力で理想的な水槽立ち上げを実現!

    前の記事>>ベルリン式とモナコ式とは
    次の記事>>水質測定テスターの重要性


    関連記事

  • 海水魚 飼育のろ過システム

    海水魚飼育に限らず水槽内で生態を飼育するときには必ずろ過フィルターなどを設置し水質維持に努めなければなりませ>>続きを読む


  • ライブロックとは

    ライブロックとはハードコーラル(骨格がある珊瑚)の死骸でバクテリアや微生物が住み着いて生物の住処となっている>>続きを読む


  • プロテインスキマーとは

    プロテインスキマーとは簡単にいうとプロテインスキマー内に微細な泡を作り出し水槽内に不要なタンパク質などを取り>>続きを読む


  • 殺菌灯の種類と効果

    殺菌灯の説明の前に少々小難しい話になってしまいますが光にはx線、紫外線、可視光線、赤外線などがありその光にはそ>>続きを読む


  • ベルリン式とモナコ式とは

    ベルリン式濾過とはナチュラルシステム(自然のろ過サイクルを水槽内で再現する方法)の一つとされており、ろ過槽を>>続きを読む


  • 水質測定テスターの重要性

    海水魚飼育の必需品とも言うべき設備(道具)の一つが水質測定テスターです。水質というものは見た目では判断できな>>続きを読む


    PR 熱帯魚 | 水草 | 金魚 | メダカ | カメ |

  • PR


    海水魚 飼育入門

  • 海水魚とは
  • 海水魚に最適な海水とは
  • 海水魚を飼育するには
  • 水槽サイズと設置時の注意事項
  • 水槽の水温管理とヒーターの選び方
  • 海水魚を水槽に入れる時の注意点
  • 海水魚 水槽の日常管理
  • 海水魚 餌の種類と与え方
  • 海水魚の病気と治療

  • 海水魚の白点病対策と治療
  • 白点病治療の準備と実践
  • 海水魚のリムフォシスティス病
  • 海水魚のウーディニウム病
  • 海水魚のトリコディナ病
  • 海水魚のビブリオ病
  • 症状から見る海水魚の病気
  • 海水魚の飼い方

  • チョウチョウウオの仲間の育て方
  • クマノミの仲間の育て方
  • スズメダイの仲間の育て方
  • ベラの仲間の育て方
  • ハタの仲間の育て方
  • ハゼの仲間の育て方
  • 無脊椎生物と珊瑚

  • サンゴとはどんな生き物
  • ハードコーラルの飼い方
  • ソフトコーラルの飼い方
  • サンゴ飼育には強い光が効果的
  • エビ・カニ・ヤドカリの飼い方
  • 海藻の育て方
  • 小型水槽におすすめのサンゴ
  • 海水魚 飼育の疑問

  • 水槽に発生するコケを抑えるには
  • イソギンチャクレイアウトの注意点
  • ハタタテハゼの飼育方法は?
  • 生態の健康と水の循環の関係
  • 部分換水の効果と方法は?
  • サンゴが腐ってしまいました
  • カクレクマノミとイソギンチャク
  • ハタタテダイの育て方
  • 混泳できない海水魚は?
  • インバーティブレートアクアリウム
  • >>海水魚の疑問 もっと調べる

  • よく読まれている記事

  • プロテインスキマーとは

    プロテインスキマーとは簡単にいうとプロテインスキマー内に微細な泡を作り出し水槽内に不要なタンパク質などを取り>>続きを読む


  • 海水魚の白点病対策と治療

    海水魚は淡水魚に比べ病気にかかってからでは治療が難しく、また治癒する確率も淡水魚に比べると非常に低くなりま>>続きを読む


  • 水槽に発生するコケを抑えるには?

    海水魚飼育において水槽セット後にまず発生するコケが茶色い珪藻と呼ばれるコケでその他にも緑色のコケや藍藻と呼ば>>続きを読む


  • 海水魚水槽の水温管理

    マリンアクアリウムにおいて水槽内の水温の安定は非常に大切な管理項目の一つになります。ヒーターの故障やセンサー>>続きを読む


  • ハタタテハゼの飼育方法は?

    ハタタテハゼは名前の通り旗を立てたような長い背びれが特徴の遊泳性ハゼの一種で体の後ろにいくにつれて黄色から赤>>続きを読む


  • 海水魚に最適な海水とは

    マリンアクアリウムにおいて使用される海水には大きく分けて人工海水と天然海水があり、人工海水とは販売メーカーが>>続きを読む