ハードコーラルの飼い方 マリンアクアリウム情報サイト 海水魚飼育.com

ハードコーラルの飼い方

   

海水魚飼育.com

ハードコーラルの飼い方

海水魚飼育.com>>ハードコーラルの飼い方

海水魚

体が柔らかいソフトコーラルとは異なり、石灰質の硬い骨格を持っている珊瑚の仲間をハードコーラルと呼びます。

一番わかりやすいのはミドリイシやキクメイシの仲間で外見からして硬い骨格で覆われているのがよくわかり、実際に触ってもても硬く石のような塊であることがわかります。


ナガレハナサンゴやミズタマサンゴ、オオナガレハナサンゴなどはイソギンチャクのような長い触手を持つのが特長で水流に揺らめく姿が美しく、人気の高いハードコーラルとされています。いずれのハードコーラルも硬い骨格を土台に表面を体壁で覆ったり長い触手を伸ばしたりしています。

ハードコーラルの中でもミドリイシやハマサンゴのように一つのポリプが小さいものをSPS(スモール・ポリプド・ストーニコーラル)、ナガレハナサンゴやコハナガタサンゴのように一つのポリプが大きいものをLPS(ラージ・ポリプド・ストーニコーラル)と呼んでいます。

一般的にSPSのほうがメタルハライドランプのような強い光りを好み、LPSは蛍光灯などの弱めの光にも順応できるとされています。

強い光を好むものが多い好日性ハードコーラルであるがメタハラのような強力な光よりやや弱めの蛍光灯の方が美しく維持できる種類も少なくないです。

蛍光灯での飼育に適したサンゴは自然下では沿岸の河口付近や深場など、比較的光が差し込まない場所に自生しているサンゴです。これらのサンゴはメタリック色などの色合いを見せるものが多く強い光を当てすぎると色彩が褐色に変化してしまうものもあります。

蛍光灯をうまく選択し青系の光を当ててあげると本来の色彩を取り戻します。とくにグリーン系のミズタマサンゴなどは青系の蛍光灯を使用しているとグリーンの色合いがより美しくなることがあります。

ミズタマサンゴやハナガタサンゴの仲間は状態が良いと昼間は触手を大きくふくらませて、照明の消える夜は触手などを縮めて代わりに餌を捕まえるための触手を伸ばしますので餌を与えるのは照明が消えている夜間がお勧めです。

レイアウトは光源から少し離れた位置を選び、触手の刺胞毒は強力なため触手の届いてしまう範囲に他のサンゴなどを配置しないように気をつけてください。

前の記事>>サンゴとはどんな生き物
次の記事>>ソフトコーラルの飼い方


関連記事

  • サンゴとはどんな生き物

    そんなサンゴについて簡単にではありますが説明いたします。サンゴと呼ばれる生き物は石灰質でできた固い骨格を持つ>>続きを読む


  • ソフトコーラルの飼い方

    ウミキノコやカタトサカ、スターポリプなどがソフトコーラルの代表種でマメスナギンチャクやディスクコーラルはイソ>>続きを読む


  • サンゴ飼育には強い光が効果的

    ミドリイシやコモンサンゴ、ハナヤサイサンゴはそれぞれがサンゴ礁を作り上げている大きなグループでさまざまな種類>>続きを読む


  • エビ・カニ・ヤドカリの飼い方

    エビやカニの仲間はインバーティブレート・タンクに動きを与える種類として水槽のアクセントになり、特にサンゴやイ>>続きを読む


  • 海藻の育て方

    海藻には水槽内でよく繁茂するイワヅタ属、いわゆるカウレルパと呼ばれている仲間や非常にゆっくりと生長する紅藻の>>続きを読む


  • 小型水槽におすすめのサンゴ

    小型水槽に使用できるおすすめのサンゴと言えばその選択肢は多少の水質変化に強い丈夫な種類であり、大きくならない>>続きを読む


    PR 熱帯魚 | 水草 | 金魚 | メダカ | カメ |

  • PR


    海水魚 飼育入門

  • 海水魚とは
  • 海水魚に最適な海水とは
  • 海水魚を飼育するには
  • 水槽サイズと設置時の注意事項
  • 水槽の水温管理とヒーターの選び方
  • 海水魚を水槽に入れる時の注意点
  • 海水魚 水槽の日常管理
  • 海水魚 餌の種類と与え方
  • 海水魚 水槽の水質管理

  • 海水魚 飼育のろ過システム
  • ライブロックとは
  • プロテインスキマーとは
  • 殺菌灯の種類と効果
  • ベルリン式とモナコ式とは
  • 水質維持とろ過の重要性
  • 水質測定テスターの重要性
  • 海水魚の病気と治療

  • 海水魚の白点病対策と治療
  • 白点病治療の準備と実践
  • 海水魚のリムフォシスティス病
  • 海水魚のウーディニウム病
  • 海水魚のトリコディナ病
  • 海水魚のビブリオ病
  • 症状から見る海水魚の病気
  • 海水魚の飼い方

  • チョウチョウウオの仲間の育て方
  • クマノミの仲間の育て方
  • スズメダイの仲間の育て方
  • ベラの仲間の育て方
  • ハタの仲間の育て方
  • ハゼの仲間の育て方
  • 海水魚 飼育の疑問

  • 水槽に発生するコケを抑えるには
  • イソギンチャクレイアウトの注意点
  • ハタタテハゼの飼育方法は?
  • 生態の健康と水の循環の関係
  • 部分換水の効果と方法は?
  • サンゴが腐ってしまいました
  • カクレクマノミとイソギンチャク
  • ハタタテダイの育て方
  • 混泳できない海水魚は?
  • インバーティブレートアクアリウム
  • >>海水魚の疑問 もっと調べる

  • よく読まれている記事

  • プロテインスキマーとは

    プロテインスキマーとは簡単にいうとプロテインスキマー内に微細な泡を作り出し水槽内に不要なタンパク質などを取り>>続きを読む


  • 海水魚の白点病対策と治療

    海水魚は淡水魚に比べ病気にかかってからでは治療が難しく、また治癒する確率も淡水魚に比べると非常に低くなりま>>続きを読む


  • 水槽に発生するコケを抑えるには?

    海水魚飼育において水槽セット後にまず発生するコケが茶色い珪藻と呼ばれるコケでその他にも緑色のコケや藍藻と呼ば>>続きを読む


  • 海水魚水槽の水温管理

    マリンアクアリウムにおいて水槽内の水温の安定は非常に大切な管理項目の一つになります。ヒーターの故障やセンサー>>続きを読む


  • ハタタテハゼの飼育方法は?

    ハタタテハゼは名前の通り旗を立てたような長い背びれが特徴の遊泳性ハゼの一種で体の後ろにいくにつれて黄色から赤>>続きを読む


  • 海水魚に最適な海水とは

    マリンアクアリウムにおいて使用される海水には大きく分けて人工海水と天然海水があり、人工海水とは販売メーカーが>>続きを読む