海水魚のトリコディナ病 ~海水魚飼育.com

海水魚のトリコディナ病

   

海水魚飼育.com

海水魚のトリコディナ病

トリコディナ病とはクマノミ類などがかかりやすい病気でリムフォシスティス病やウーディニウム病よりも致死率が高く進行がはやいため非常に危険な病気とされています。早期発見が必須で発見が遅れた際には一晩で水槽内の海水魚が全滅するケースもあります。

トリコディナ病の症状は海水魚の体表に薄い半透明の膜が張ったようになり粘膜がただれたようにも見え、白濁した白い膜が浮かんでくることもあります。原因はトリコディナ原虫が弱った海水魚の体表に付着して起こるとされています。海水魚がいつもとは違った体色をしていたり、発色が悪かったり、黒ずんでいたりしたときは注意が必要です。

主な発生原因が海水魚の体力低下による誘発ですのでメンテナンスの行き届いた綺麗な良質の海水を維持していれば滅多に発症する病気ではないとされています。このことからも予防として日頃の日常管理をしっかりおこない良質な水質を維持することを心がけましょう。

トリコディナ病の治療には原則として薬浴などは行わずに淡水浴をさせることにより行います。淡水浴をおこなう理由は症状がある部分の浸透圧を膨張させることが目的で補助作業として淡水に入れた後に指のひらでこし取ることができることも有効な方法であるため淡水浴治療が有効とされています。

淡水浴治療

方法としてはまず症状が見られる海水魚の大きさにあわせた水槽や容器を用意しカルキ抜きをした水道水を入れ、エアレーションと温度調整をおこないます。

準備した水槽に症状の見られる海水魚を入れ3~4分前後淡水浴をおこないます。このとき可能であればスレ傷に効く薬品を少々いれてあげるとさらに効果が見込めます。その後海水魚を取り出し症状の見られる患部に指のひらを当て丁寧にこし取る作業を行ってください。このとき海水魚を強く押したりせずに優しく扱ってください。この作業はあまり長い時間できませんので1分~2分程度で終わらせ早めに海水魚を治療用水槽に戻してあげるようにしてください。

その後3分程度淡水浴をおこなったらもとの水槽に戻してあげこの作業を2、3日繰り返すことにより大抵の海水魚は完治するとおもわれます。ただこの作業は非常に海水魚の体力を消耗しますので病状が悪化した餌も食べなくなってしまったような海水魚には行えない治療でありそのような状態にまでなってしまうと回復させることも難しいとおもわれます。

海水魚の病気と治療

  • 海水魚の白点病対策と治療
  • 白点病治療の準備と実践
  • 海水魚のリムフォシスティス病
  • 海水魚のウーディニウム病
  • 海水魚のトリコディナ病
  • 海水魚のビブリオ病
  • 症状から見る海水魚の病気


  • PR

    海水魚の飼い方

  • チョウチョウウオの仲間の育て方
  • クマノミの仲間の育て方
  • スズメダイの仲間の育て方
  • ベラの仲間の育て方
  • ハタの仲間の育て方
  • ハゼの仲間の育て方
  • 無脊椎生物と珊瑚

  • サンゴとはどんな生き物
  • ハードコーラルの飼い方
  • ソフトコーラルの飼い方
  • サンゴ飼育には強い光が効果的
  • エビ・カニ・ヤドカリの飼い方
  • 海藻の育て方
  • 海水魚 飼育の疑問

  • 水槽に発生するコケを抑えるには
  • イソギンチャクレイアウトの注意点
  • ハタタテハゼの飼育方法は?
  • 生態の健康と水の循環の関係
  • 部分換水の効果と方法は?
  • サンゴが腐ってしまいました
  • カクレクマノミとイソギンチャク

  • >>海水魚の疑問 もっと調べる
  • 海水魚・熱帯魚 通販ショップ

    品揃え豊富なネットショップだからお探しの海水魚やアクアリウム機材がきっと見つかる

    charm 楽天市場 楽天ショップオブザイヤー7年連続受賞店
    ネオス楽天市場 合計2,500円以上で送料無料!!
    トロピランド 熱帯魚・海水魚・金魚・飼育用品の通信販売ショップ
    アクアステージ アクアリウムの魅力、楽しみ方をご提案します。

    海水魚飼育.comページTOPへ