海水魚水槽のろ過について マリンアクアリウム情報サイト 海水魚飼育.com

海水魚水槽のろ過について

   

海水魚飼育.com

海水魚水槽のろ過について

海水魚飼育.com>>海水魚飼育の疑問>>海水魚水槽のろ過について

濾過海水魚飼育ではなぜろ過が必要でどのような機材が必要かを簡単に説明いたします。淡水の魚、特に我々が野山で見かけるどじょうやフナなどは水質の低下に非常に強いです。

しかしキャパシティの大きな海に住んでいるような我々が購入する海水魚たちはサンゴ礁の美しい海からくる種が多く、一般の人が飼った経験が多い普通の金魚などに比べると比較にならないくらい水質の低下に対して弱いと思っていいでしょう。


つまり金魚のようにろ過をしない水槽でエアレーションだけで飼うことはできないのです。そこで必要になってくるのがろ過槽でろ過槽は汚れ、つまり餌の残りや魚の糞、そして場合によっては生物の死骸などの汚れを取り除いたり分解したりします。

一般的にはろ過という言葉の通り濾し取ることがその機能と思われがちですが実際には大きな汚れを取りつつもそれらの汚れをバクテリアなどで生物分解していく過程が中心となっています。そのため、ろ過槽は物理的に濾しとる機能をもつものと生物的に分解する機能をもつものそしてその両方の機能を併せ持つものなどが存在します。

自分の水槽、自分の飼いたい生態にはどのタイプのろ過槽のどのくらいの容量のものが必要になるのか考えることも必要になります。ろ過をうまく機能させ水質を維持できれば海水魚を飼う難しさの最大の山場は乗り越えたも同然です。

しかし、水質は常に変化しますし今の生態が生きているから問題ないではなく魚種によっても水温などの状況によっても必要とされるレベルは異なるものです。海水魚飼育を続ける限り常に気にしてより良い状態を確保してください。

物理ろ過は交換が前提

ろ過システムは大きく分けて物理ろ過と生物ろ過の二つに分けられると説明しましたが物理ろ過とは物理的にフィルターで濾しとる機能で生物ろ過はろ材の中にバクテリアを繁殖させ水が汚れる原因となる成分をそのバクテリアに分解させようという仕組みです。

多くのろ過システムはこれらふたつの機能が組み合わさって使われています。もしくはどちらかの機能が主眼となっていても、もうひとつの機能も補助的に使われていたり、自然と両方のろ過作用が起こっていたりします。

どんなろ過装置を使っているにせよ飼育水がろ過システムに入る前に簡単な物理ろ過装置を付けることが多いです。大きな餌の残りかす、糞や大きな生物の死骸などはろ過装置の中に取り込んでしまうよりも先に物理的に濾しとってしまう方がいいからです。そのため多くのろ過装置の入り口にはスポンジやウールマットなどが取り付けられています。

物理的ろ過を中心としたメカニズムとなっているろ過システムは上部フィルターや外掛け式フィルターでこれらは水槽の上部や縁に引っ掛けるようにして装着するタイプでポンプアップした飼育水をフィルターを通して水槽に戻す仕組みになっています。

このときフィルターに大きな汚れが引っかかり、フィルターを定期的に交換することでその汚れを水槽外に取り除く構造です。最近はフィルターの素材にバクテリアを付着させるようにして生物ろ過も可能となっている商品も増えてきていますがろ材容量もそれほど大きいわけではないのでやはりこれらのフィルターは物理ろ過を中心としたシステムだと考えておいたほうがいいでしょう。

前の記事>>水槽の設置場所と塩害に注意
次の記事>>海水魚飼育の生物ろ過について


関連記事

  • インバーティブレートアクアリウムとは

    水槽に海水を満たしそれらを浄化する装置を設置します。装飾のためのサンゴをいれて、色鮮やかな熱帯性の海水魚を収>>続きを読む


  • ソフトコーラルとは

    ソフトコーラルを直訳すると柔らかいサンゴという意味になりますが骨格が柔らかいのではなく骨格を持たないサンゴと>>続きを読む


  • 海水魚飼育の水槽サイズと素材選び

    海水魚を飼うためにまず最初に必要な設備が水槽です。ひとくちに水槽といってもショップで見てみると意外と多くの種>>続きを読む


  • 海水魚の予算と手間は?

    海水魚の飼育にはどのくらいのお金がかかるのでしょうか?確かに小さな水槽に金魚を飼うのとは違い設備や消耗品に多>>続きを読む


  • 水槽の設置場所と塩害に注意

    水槽に水を張るとかなりの重量になることは水槽サイズと設置時の注意点のページでも記載しましたが海水魚水槽を設置>>続きを読む


  • 海水魚飼育の生物ろ過について

    海水魚水槽内で水質を悪化させる原因となる餌の食べ残しや魚の活動によって生まれるフンや生物の死骸などを水槽内の>>続きを読む


  • 海水魚水槽の水温管理

    マリンアクアリウムにおいて水槽内の水温の安定は非常に大切な管理項目の一つになります。ヒーターの故障やセンサー>>続きを読む


  • 水槽の立ち上がりと茶コケの関係

    海水魚をはじめとした海中生物の活動によって発生するたんぱく質、それらによって生じるアミノ酸はさまざまなバクテ>>続きを読む


  • ライブロックの性質と見分け方

    ライブロックに付着してきたさまざまな生物は水槽の中の汚れを取り入れ分解すると同時に砂の中などに生活圏を広げて>>続きを読む


  • 最初の一匹は何をいれるか?

    海水魚水槽を立ち上げて最初の一匹にどのような生態をいれるか?基本的には自分の水槽なので何をいれようが勝手です>>続きを読む


  • 海水魚水槽とコケの関係

    海水魚水槽での飼育と切ってもきれない存在がコケです。手入れを怠ることによってコケが繁殖し、見る影もなくなった>>続きを読む


  • エビは海水魚水槽に効果的

    海水魚が優雅に泳ぐアクアリウムは美しく見ごたえがあるものですができることならサンゴをはじめとした無脊椎動物も>>続きを読む


  • アクアリウム 夏場の高水温対策 クーラーの選び方

    温暖化の影響でしょうか、年々夏の暑さは異常さを増していくように感じます。私が子供の頃は真夏と言えば30℃前後と>>続きを読む


    PR 熱帯魚 | 水草 | 苔育成 | 金魚 | メダカ | カメ | トカゲ |

  • PR


    海水魚 飼育入門

  • 海水魚とは
  • 海水魚に最適な海水とは
  • 海水魚を飼育するには
  • 水槽サイズと設置時の注意事項
  • 水槽の水温管理とヒーターの選び方
  • 海水魚を水槽に入れる時の注意点
  • 海水魚 水槽の日常管理
  • 海水魚 餌の種類と与え方
  • 海水魚 水槽の水質管理

  • 海水魚 飼育のろ過システム
  • ライブロックとは
  • プロテインスキマーとは
  • 殺菌灯の種類と効果
  • ベルリン式とモナコ式とは
  • 水質維持とろ過の重要性
  • 水質測定テスターの重要性
  • 海水魚の病気と治療

  • 海水魚の白点病対策と治療
  • 白点病治療の準備と実践
  • 海水魚のリムフォシスティス病
  • 海水魚のウーディニウム病
  • 海水魚のトリコディナ病
  • 海水魚のビブリオ病
  • 症状から見る海水魚の病気
  • 海水魚の飼い方

  • チョウチョウウオの仲間の育て方
  • クマノミの仲間の育て方
  • スズメダイの仲間の育て方
  • ベラの仲間の育て方
  • ハタの仲間の育て方
  • ハゼの仲間の育て方
  • 無脊椎生物と珊瑚

  • サンゴとはどんな生き物
  • ハードコーラルの飼い方
  • ソフトコーラルの飼い方
  • サンゴ飼育には強い光が効果的
  • エビ・カニ・ヤドカリの飼い方
  • 海藻の育て方
  • 小型水槽におすすめのサンゴ

  • よく読まれている記事

  • プロテインスキマーとは

    プロテインスキマーとは簡単にいうとプロテインスキマー内に微細な泡を作り出し水槽内に不要なタンパク質などを取り>>続きを読む


  • 海水魚の白点病対策と治療

    海水魚は淡水魚に比べ病気にかかってからでは治療が難しく、また治癒する確率も淡水魚に比べると非常に低くなりま>>続きを読む


  • 水槽に発生するコケを抑えるには?

    海水魚飼育において水槽セット後にまず発生するコケが茶色い珪藻と呼ばれるコケでその他にも緑色のコケや藍藻と呼ば>>続きを読む


  • 海水魚水槽の水温管理

    マリンアクアリウムにおいて水槽内の水温の安定は非常に大切な管理項目の一つになります。ヒーターの故障やセンサー>>続きを読む


  • ハタタテハゼの飼育方法は?

    ハタタテハゼは名前の通り旗を立てたような長い背びれが特徴の遊泳性ハゼの一種で体の後ろにいくにつれて黄色から赤>>続きを読む


  • 海水魚に最適な海水とは

    マリンアクアリウムにおいて使用される海水には大きく分けて人工海水と天然海水があり、人工海水とは販売メーカーが>>続きを読む