水槽の立ち上がりと茶コケの関係 マリンアクアリウム情報サイト 海水魚飼育.com

水槽の立ち上がりと茶コケの関係

   

海水魚飼育.com

水槽の立ち上がりと茶コケの関係

海水魚飼育.com>>海水魚飼育の疑問>>水槽の立ち上がりと茶苔の関係

海水魚水槽コケ海水魚をはじめとした海中生物の活動によって発生するたんぱく質、それらによって生じるアミノ酸はさまざまなバクテリアの働きによってアンモニア、亜硝酸、硝酸塩に分解されていくことはほかのページでも紹介しました。しかし機材をそろえて海水魚をいれた途端に生物ろ過の仕組みがうまく回り始めるわけではありません。


最初から水槽にバクテリアがいるわけでもないですし、たとえばアンモニアを亜硝酸に分解するバクテリアはアンモニアが水槽内に蓄積されてはじめて増えはじめます。

自分のえさとなる成分が増えないかぎりそのエサを分解するバクテリアは増えないのです。水槽立ち上げ当初、水槽の底砂の上などに茶色のコケが大量発生することがあります。

あれはアンモニアを亜硝酸に分解するバクテリアが活動をはじめ亜硝酸が蓄積しはじめたにも関わらずまだ亜硝酸を硝酸塩に分解するバクテリアが増殖していないからです。

亜硝酸ばかりが蓄積するとその水槽内のバランスが崩れてコケが発生するのです。そのうちにそのふんだんにある亜硝酸を分解して硝酸塩を作り出すバクテリアが増殖するまでは時間をおくしかありません。

この時期が過ぎる前に海水魚などを多く投入してしまうと水槽を汚す要因が大きくなり、その汚れを分解できるバクテリアが少ないため生態に悪い成分が蓄積しやすくなり結果、生態を死においやってしまうのです。

水槽サイズと生態の数にはこの立ち上げ時期も見据えて考えをもたなければなりません。ある程度バクテリアが繁殖し生態系ができあがってくれば立ち上げ当初よりも多めに生態をいれることは可能なのです。

ろ過能力は徐々に立ち上がるので水槽立ち上げ当初はアンモニアや亜硝酸が一時的に高くなります。その段階で生態がたくさんはいっていれば水槽の水質は著しく低下します。単純に2匹入っていれば水質の低下は1匹のときの2倍になります。

もうひとつの要素は水量です。1匹の生態が生み出すアンモニアや硝酸塩がどれほど希釈されるか。ろ過が立ち上がるまで、また水換えで水質が回復するまでにどのくらいの余裕があるのかは水槽の水量とろ過能力に依存します。

たとえば水量が60リットルある60cm水槽に対して20リットルしかない40cm水槽は3倍の速度で水質が低下することになります。逆に160リットルを超える90cm水槽ならそれだけ水質の低下は遅れることはすぐにわかることです。

大きな水槽ならその間に生物ろ過を介して分解されてしまうでしょうから実質的にはさらに大きな差がでてきます。それだけ差があるのに40cm水槽に多くの生態を詰め込みすぎるとあっという間に水質が低下し海水魚や生態が死に死ぬことによってその死骸がさらに水槽の水質を悪化させる負のスパイラルに陥ってしまいます。

水槽がちいさければ小さいほど最初の生態の数は少なく飼うのがポイントです。そのほうが最終的にはうまく立ち上がることになります。ろ過能力が立ち上がってくれば生態数は増やすことはできますが淡水の水槽に比べると海水魚などは飼える生態はかなり少なくなります。

ろ過槽によっても違いますが40cm水槽で4~5匹、60cm水槽で5~6匹というところでしょう。水換えのサイクルを早めることで水質の低下は抑えることができますが初心者がイメージするより飼える生態の数は限られているとおもったほうがいいとおもいます。

前の記事>>海水魚水槽の水温管理
次の記事>>ライブロックの性質と見分け方


関連記事

  • インバーティブレートアクアリウムとは

    水槽に海水を満たしそれらを浄化する装置を設置します。装飾のためのサンゴをいれて、色鮮やかな熱帯性の海水魚を収>>続きを読む


  • ソフトコーラルとは

    ソフトコーラルを直訳すると柔らかいサンゴという意味になりますが骨格が柔らかいのではなく骨格を持たないサンゴと>>続きを読む


  • 海水魚飼育の水槽サイズと素材選び

    海水魚を飼うためにまず最初に必要な設備が水槽です。ひとくちに水槽といってもショップで見てみると意外と多くの種>>続きを読む


  • 海水魚の予算と手間は?

    海水魚の飼育にはどのくらいのお金がかかるのでしょうか?確かに小さな水槽に金魚を飼うのとは違い設備や消耗品に多>>続きを読む


  • 水槽の設置場所と塩害に注意

    水槽に水を張るとかなりの重量になることは水槽サイズと設置時の注意点のページでも記載しましたが海水魚水槽を設置>>続きを読む


  • 海水魚水槽のろ過について

    海水魚飼育ではなぜろ過が必要でどのような機材が必要かを簡単に説明いたします。淡水の魚、特に我々が野山で見かけ>>続きを読む


  • 海水魚飼育の生物ろ過について

    海水魚水槽内で水質を悪化させる原因となる餌の食べ残しや魚の活動によって生まれるフンや生物の死骸などを水槽内の>>続きを読む


  • 海水魚水槽の水温管理

    マリンアクアリウムにおいて水槽内の水温の安定は非常に大切な管理項目の一つになります。ヒーターの故障やセンサー>>続きを読む


  • ライブロックの性質と見分け方

    ライブロックに付着してきたさまざまな生物は水槽の中の汚れを取り入れ分解すると同時に砂の中などに生活圏を広げて>>続きを読む


  • 最初の一匹は何をいれるか?

    海水魚水槽を立ち上げて最初の一匹にどのような生態をいれるか?基本的には自分の水槽なので何をいれようが勝手です>>続きを読む


  • 海水魚水槽とコケの関係

    海水魚水槽での飼育と切ってもきれない存在がコケです。手入れを怠ることによってコケが繁殖し、見る影もなくなった>>続きを読む


  • エビは海水魚水槽に効果的

    海水魚が優雅に泳ぐアクアリウムは美しく見ごたえがあるものですができることならサンゴをはじめとした無脊椎動物も>>続きを読む


  • アクアリウム 夏場の高水温対策 クーラーの選び方

    温暖化の影響でしょうか、年々夏の暑さは異常さを増していくように感じます。私が子供の頃は真夏と言えば30℃前後と>>続きを読む


    PR 熱帯魚 | 水草 | 苔育成 | 金魚 | メダカ | カメ | トカゲ |

  • PR


    海水魚 飼育入門

  • 海水魚とは
  • 海水魚に最適な海水とは
  • 海水魚を飼育するには
  • 水槽サイズと設置時の注意事項
  • 水槽の水温管理とヒーターの選び方
  • 海水魚を水槽に入れる時の注意点
  • 海水魚 水槽の日常管理
  • 海水魚 餌の種類と与え方
  • 海水魚 水槽の水質管理

  • 海水魚 飼育のろ過システム
  • ライブロックとは
  • プロテインスキマーとは
  • 殺菌灯の種類と効果
  • ベルリン式とモナコ式とは
  • 水質維持とろ過の重要性
  • 水質測定テスターの重要性
  • 海水魚の病気と治療

  • 海水魚の白点病対策と治療
  • 白点病治療の準備と実践
  • 海水魚のリムフォシスティス病
  • 海水魚のウーディニウム病
  • 海水魚のトリコディナ病
  • 海水魚のビブリオ病
  • 症状から見る海水魚の病気
  • 海水魚の飼い方

  • チョウチョウウオの仲間の育て方
  • クマノミの仲間の育て方
  • スズメダイの仲間の育て方
  • ベラの仲間の育て方
  • ハタの仲間の育て方
  • ハゼの仲間の育て方
  • 無脊椎生物と珊瑚

  • サンゴとはどんな生き物
  • ハードコーラルの飼い方
  • ソフトコーラルの飼い方
  • サンゴ飼育には強い光が効果的
  • エビ・カニ・ヤドカリの飼い方
  • 海藻の育て方
  • 小型水槽におすすめのサンゴ

  • よく読まれている記事

  • プロテインスキマーとは

    プロテインスキマーとは簡単にいうとプロテインスキマー内に微細な泡を作り出し水槽内に不要なタンパク質などを取り>>続きを読む


  • 海水魚の白点病対策と治療

    海水魚は淡水魚に比べ病気にかかってからでは治療が難しく、また治癒する確率も淡水魚に比べると非常に低くなりま>>続きを読む


  • 水槽に発生するコケを抑えるには?

    海水魚飼育において水槽セット後にまず発生するコケが茶色い珪藻と呼ばれるコケでその他にも緑色のコケや藍藻と呼ば>>続きを読む


  • 海水魚水槽の水温管理

    マリンアクアリウムにおいて水槽内の水温の安定は非常に大切な管理項目の一つになります。ヒーターの故障やセンサー>>続きを読む


  • ハタタテハゼの飼育方法は?

    ハタタテハゼは名前の通り旗を立てたような長い背びれが特徴の遊泳性ハゼの一種で体の後ろにいくにつれて黄色から赤>>続きを読む


  • 海水魚に最適な海水とは

    マリンアクアリウムにおいて使用される海水には大きく分けて人工海水と天然海水があり、人工海水とは販売メーカーが>>続きを読む